いざという時に役立つ知識

>

亡くなった人の宗教

仏教の場合を調べよう

亡くなった人が仏教に属している場合は、香典の表に御霊前や御香典と記載してください。
仏教用の香典袋には、蓮の花が描かれていることが多いので、買いに行くとすぐ見つかります。
香典の表の下段に、自分の名前を書いてください。
水引は白黒などの色を選択します。

キリスト教の場合は、御霊前や御花料と香典の表に記入します。
あまりキリスト教用の香典袋を見かけないので、買いに行ってもどれが良いのか分からないかもしれません。
キリスト教用の香典袋には、ユリの花や十字架が描かれていることが多いです。
それを目印に、購入してください。
自分の名前は、仏教の時と同じように表の下段に書きます。
丁寧に書かないと、誰が香典を送渡したのか分からなくなります。

どんなパターンでも使える

どこの宗教に入っているのか、分からないことがあります。
キリスト教に属しているのに、仏教用の香典を渡したら失礼なのでどのパターンでも使用できる香典の書き方を使いましょう。
御霊前という言葉は、どんな時でも使えるので便利です。
蓮の花やユリの花が描かれている香典袋は、仏教やキリスト教の時にしか使用できません。

イラストが描かれていない、シンプルな香典袋を選択しましょう。
亡くなった人がどこの宗教に属するのか分からなくても、喪主の宗教が判明するかもしれません。
その場合は、喪主の宗教に合わせても良いです。
急に誰かが亡くなって、香典を用意しなければいけないかもしれません。
どのパターンでも使える書き方を、覚えてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る