いざという時に役立つ知識

>

急に出席する時に慌てないように

結婚式の正しい服装とは

女性はドレスを着用することが多いです。
露出の多いドレスは、控えてください。
ボレロやカーディガンを羽織ると、露出対策になります。
また、白いドレスはいけません。
新婦が着用するウェディングドレスより目立つ可能性があるので、白以外のドレスを着用してください。
髪飾りなどを付けるのは良いですが、ギラギラしすぎないよう気を付けてください。

男性は、スーツを着用します。
モーニングコートがあれば、それを着用してください。
ネクタイの色は、白やシルバーが良いですね。
コンビニエンスストアでも、ネクタイが売っています。
急にネクタイが無くて困った際は、コンビニエンスストアに行って探してください。
ネクタイの色まで、きちんとしてください。

お葬式に出席する際の恰好

男性は、黒のスーツを着てください。
ネクタイと、靴下も黒でなければいけません。
ワイシャツだけ、白になります。
靴は、エナメル以外のものを履いてください。
飾りが付ついているものは控えましょう、
女性は、黒いワンピースを着用してください。
肌を露出しないように気を付けてください。
男性と同じように、靴はエナメル以外の黒いものにしましょう。

ストッキングは、肌色でも黒でも構いません。
弔問客をもてなす際に、エプロンをする人がいるでしょう。
派手な色のエプロンは避けてください。
黒や紺色なら。マナー違反になりません。
普段使っているエプロンが、黄色やピンク色だったら利用できません。
新しくお葬式用のエプロンを購入しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る