いざという時に役立つ知識

知っておくと便利な冠婚葬祭のしきたりとマナー

冠婚葬祭の服装を知っておこう

冠婚葬祭に出席する際は、服装が大事です。
結婚式の場合は、新郎新婦より目立ってはいけません。
女性はドレスを着用しますが、色に注意してください。
白は、新婦のウェディングドレスと一緒になるのでいけません。
肌の露出が少ないドレスを着用しましょう。
お葬式の時に、ふさわしい服装があります。
基本的に、黒いスーツやワンピースを着用する決まりになっています。
急にお葬式に予定が入るかもしれないので、黒い服を持っていると安心できます。

お葬式では、香典を渡しますよね。
香典袋に書く言葉は、何でも良いわけではありません。
宗教ごとに変わります。
亡くなった人の宗教を事前に調べて、ふさわしい言葉を書いてください。
宗教によっては、専用の香典袋しか使えない可能性があります。
急に香典袋が必要になっても、買いに行けないかもしれません。
必ず葬式に行く前に宗教を調べて、香典袋を用意してください。

結婚式では、使ってはいけない言葉があります。
切れる、別れるなど縁起の悪い言葉は、使用できません。
スピーチや、お祝いのメッセージを送る時は、そのような言葉を使わないように意識しましょう。
間違ったスピーチをしたり、メッセージを送ってしまうと、自分が常識を持っていないと思われてしまいます。
即興でスピーチをすると、使ってはいけない言葉を使ってしまいます。
事前に台本を書いてください。
何度も読み直すことで、使用して良い言葉なのか判断できるでしょう。

TOPへ戻る